隊 士 愛 刀


隊士が、こよなく愛した刀の銘柄一覧

会津守護職様御預新選組御一等様御刀改控 元冶元年六月七日 京 壬生住研師源龍斎俊永

 近藤 勇  長曾祢虎徹(大小)   二尺二寸五分の虎徹。銘刀源清麿の説もある。
 陸奥大掾三善長道(大)   池田屋事件の褒美として、京都守護職から拝領された刀。
  「会津虎徹」と称されるほどの斬れ味の素晴らしい最上大業物。
播州藤原宗貞(大)   老中板倉周防守から拝領した刀。
三善道長(大)   幕末新新刀で、近藤勇が会津の山本覚馬に依頼した刀。
 芹沢 鴨  備後三原守家正家   二尺八寸。大阪力士乱闘事件の時の佩刀。
 伊東甲子太郎  濃州住志津三郎兼氏   油小路にて使用した佩刀
 山南敬助  赤心沖光(大)   二尺三寸五分。岩城升屋で押し借りの浪士と斬り合いになり、
  切先から一尺一寸のところを折る。
 土方歳三  和泉守兼定(大)   二尺四寸八分。会津御抱鍛冶十一代、兼定である。
  鉄地木瓜形の板鍔には梅の花が一輪彫られている。
堀川国広(小)   一尺九寸五分(一尺八寸?)堀川国広は、当代でもかなり高価な刀である。
葵御紋康継(大)   二尺三寸五分。伝承によると会津候からの拝領刀。
大和守秀国(大)   岡山県倉敷に秘蔵。「幕府侍土方義豊戦刀、秋月種明懇望帯之、
  秋月君譲請高橋忠守帯之」と記されている。
 沖田総司  加州住清光(大)   二尺四寸。池田屋で使用、帽子が折れる。加州金沢住長兵衛藤原清光。
  別名乞食清光とも言う。一種の偏屈者で、乞食小屋に出入りして鍛刀した。
菊一文字(大)   この時代でも、国宝級の刀です。刀身が細身ゆえ、実戦には不向きです。
  大大名ですら手に入れられません。所有不可能でしょう。
 永倉新八  播州住手柄山氏繁   二尺四寸。池田屋では帽子が折れた。
 斎藤 一  摂州住池田鬼神丸国重   二尺三寸一分、天和二年九月の銘。池田屋では小さな刃こぼれ無数。
 松原忠司  加州住藤島友重   二尺三寸五分。池田屋では、刃こぼれはばき元に大四箇所、物打ちに細かく19箇所。
 武田観柳斎  越前住常陸守兼植   二尺二寸五分。池田屋では、小さい刃こぼれが六箇所。
 井上源三郎  奥州白河住兼常   二尺二寸五分。宝永二年二月の銘。池田屋では、刀の傷み無し。
 藤堂平助  上総介兼重   二尺四寸二分。藤堂家の御抱鍛冶。池田屋では、物打に刃こぼれ小さく十一箇所、
  はばき元に大四箇所あって、修復不可能なほど刃こぼれであった。
 鈴木三樹三郎  鬼神丸国重   朱鞘派手拵え
備前長船   寸法不明
 原田左之助  江府住興友   二尺三寸七分。池田屋では、刃こぼれ七箇所、刃まくれ四箇所。
 浅野藤太郎  武州重住藤原是一   二尺二寸八分。天明六年二月の銘。池田屋では、刀身が左に曲がる。
備前介藤原宗次   一尺八分。伊東氏御差腰刀御譲相成
 蟻通勘吾  播磨住昭重   二尺四寸余。弘化三年二月の銘。池田屋では、帽子が折れる。
 安藤早太郎  南海太郎朝臣朝尊   二尺五寸余。文政九年九月の銘。池田屋では、物打ちあたりを接損。
 伊木八郎  越後新発田住兼則   二尺三寸七分。池田屋では、刃こぼれ大小十七箇所。
 大石鍬次郎  大和守安定(大)   二尺五寸。長刀である。
加州住清光(小)   一尺三寸。乞食清光。
 奥沢栄介  武州鴻ノ巣住
雲竜子景勝
  二尺二寸余。嘉永五年九月の銘。池田屋では、帽子が折れ。
 尾崎弥八郎  奥州会津住兼友   二尺三寸八分。池田屋では、大きい刃こぼれが、はばき元に1箇所、物打に六箇所。
  尾関弥四郎と思われる。
 葛山武八郎  濃州関住兼家   二尺三寸一分。池田屋では、刀の傷み無し。
 加納道之助  無銘   二尺二寸一分。油小路にて使用。
 河合耆三郎  濃州住御勝山永貞   二尺三寸八分。安政五年二月の銘。池田屋では、刀の傷み無し。
 川島勝司  越中住兼明   二尺二寸八分。池田屋では、刀の傷み無し。
 木内峯太  美作津山住信孝   二尺三寸八分。弘化三年九月の銘。
  池田屋では、物打に、やや大きな刃こぼれが大きく二箇所。
 近藤周平  作州津山住城慶子正明   二尺二寸五分。文久二年二月の銘。池田屋では、刀の傷み無し。
 酒井兵庫  作州津山住兼光   二尺四寸二分。池田屋では、刀の傷みは少々。
 佐々木蔵之丞  越中住兼明   二尺三寸五分。池田屋では、刀身やや右に曲がり、刃こぼれが三箇所。
 篠塚岸三  雲州住家貞   二尺三〜四寸。池田屋では、物打から折れてしまう。
 島田 魁  奥州仙台住源兵衛国包   二尺四寸。池田屋では、刀身がやや左に曲がり、刃こぼれは大小十四箇所。
 竹内元三郎  関善定兼方   二尺三寸余。池田屋では、刀身左に曲がり、刃めくれが四箇所。
 谷万太郎  月山弥八郎貞吉   二尺三寸八分。嘉永三年九月の銘。池田屋では、刃こぼれ七箇所、刃まくれ四箇所。
 富山弥兵衛  相州国次作   二尺八寸。油小路にて使用。
 中村金吾  江府住細田直光   二尺三寸。万延元年二月の銘。池田屋では、刀の傷みは少々。
 新田革左衛門  勢州住長心子直久   二尺三寸五分。安政六年二月の銘。池田屋では、細かい刃こぼれが無数。
 林信太郎  備前国横山茂平祐春   二尺三寸三分。池田屋では、刃こぼれ大が六箇所、小が四箇所。
 松本喜三郎  摂州尼崎住雲仙子貞秀   二尺四寸五分。文久二年二月の銘。池田屋では、刀の傷み無し。
 三品仲治  備州長船住藤原祐平   二尺三〜四寸。文化二年九月の銘。
  池田屋では、刀身が強く曲がり刃こぼれが大小二箇所。
 毛内有之助  天 国   毛内家の伝刀
 山崎 烝  和泉守国貞(真改国貞)   寸法不明。大阪正宗





このページは1時間毎に色が変化するようになっております
The music produced byDR(零式)さん
MIDI ON / OFF



刀剣の書を閲覧する



新選組屯所へ戻る


このページは幕末維新新選組の著作物です。全てのページにおいて転載転用を禁じます。
Copyright©All Rights Reserved by Bakumatuisin Sinsengumi