刀 剣 の 書





肥 後 拵
(一番目の拵)

肥後藩主細川三斎の創作による平常指(儀礼用ではなく、通常時に着用する打刀)、その様式には 三斎と実懇の間柄にあった伯耆流居合の流祖片山伯耆守久安の影響が見受けられる。久安は居合中 興の祖林崎甚助重信の門に学んで自流派を開き、時の関白豊富秀次の指南役として名声を得た剣客 である。その伯耆流居合には「一足一刀」の妙技がある。太刀先を高く構えて一足すべりに敵の鼻 先へ突き当て敵が払う瞬間を狙って柔術で取り押さえる技で、敏捷性が求められる流派の神髄とい うべきものだが、この流派では長すぎる刀は適さない。そこで三斎は家中に広めた伯耆流居合に適 した65cm(約二尺)の肥後拵を生み出した。柄も20pと通常の打刀に比べて短く、より迅く抜 刀できるように工夫されている。肥後拵は金物や目貫、鍔の装飾が見事な点でも知られる。これは 茶道に明るく、名刀のコレクターでもあった三斎の美的感覚と彼が庇護育成した刀装金工の伝統芸 の賜物で後々まで「肥後金工」として全国にその名を馳せた。幕末には四谷に屋敷を構える細川家 の抱え金工・熊谷一族が江戸肥後拵を流行らせたが、金銀の象嵌や色付きの糸で巻いた柄など、細 緻趣向よりも派手さを追求したもので、本家独特の雅なセンスとは別物だった。 雅味があると同 時に頑丈な本家の肥後拵は鞘を鮫皮で包み(漆で固める場合も)、鐺は「泥摺り」と称する鉄の金 具で補強する。小柄の代わりに旅先や戦場で重宝する馬針を用いる点も、実用性を重んじた肥後拵 ならではの特長の一つと言えるだろう。

薩 摩 拵
(二番目の拵)

瀬戸口備前守政基(東郷備前守重位)が編み出し、藩御流儀として戦国の世に誕生した実践剣法示 現流を基に開発された薩摩拵は、武骨かつ粗末な実用一点張りの様式である。外見上の特徴は、柄 と鍔に顕著に見受けられる。太く、長めの柄は従来の鮫皮でなく厚手の牛革で包み、黒漆で固めら れる。上から糸(もしくは革)で巻く際に菱形は作らず、通常は目貫を用いない。塚頭は鉄製で、 縁が深い。鍔は鉄のやや厚手の小型のもので、切羽台のはずれに小さい孔が3つ開いているが、これ は「平常は決して刀を抜くべからず、また止むを得ず抜いた場合には必ず相手を倒すべし」という 示現流の厳しい戒めに基づくものである。帯刀の武士は鍔の孔に針金を通して菱形に結び(後には 髷を結うのに使う元結を用いた)、不用意に刀を鞘走らせないように心掛けた。 鞘止めをした状 態で剣客に襲われた時には鞘ごと抜き打ち、一撃の下に倒したと伝えられているが、普段から竹刀 を使わずに木刀で苛烈な稽古を行う示現流の修行者にとって、それは決して不可能なことでは無か ったに違いない。また返角が通常の爪形では帯に引っかかって不覚を取る危険があるため、鞘ぐる みのまま戦う場合を想定して、抜きやすい凸起形になっている。鍔が小さいのも同じ理由だが、物 内(刀身の先)に重心をかけることで強烈な第一撃を加えるためでもある。戦場刀として有名な胴 太貫をはじめとする薩摩拵とは徹頭徹尾、実践向きの刀なのだ。

尾 張 拵


尾張徳川家の平常指としてはじまった尾張拵は、重厚な作りの中にも品のよさを追求する反面、取 り合わせ物(複数の貴金属をアレンジした金物)を多用することで低コスト化がはかられている。 塚頭は小さく、赤胴・朧銀などの取り合わせ物に象嵌が施された美麗の物が多い。目貫には手だま り(刀を構える時に利き手の位置を決める目印)の役目があるが、尾張拵は低く据えて手だまりと しない。鞘は太めで鯉口は必ず中白、栗形は角張っている。金具には「尾張物」と称する、独自の 物が用いられるのも特徴といえるだろう。

柳 生 拵
(三番目の拵)

柳生拵は尾張柳生家の始祖である柳生兵庫介利厳の三男・柳生連也斎厳包愛刀を基に作り出された。 俗に「籠ツルベ」と呼ばれる60cmの太刀(茎の裏に「かごつるべ」と銘が切ってある)および41.2 cmの小刀(茎裏には「笹露」)で、塚頭は小さめで、下げ緒と同色の浅黄糸で巻かれており、太刀 は十三菱、小刀は八菱となる。鞘は黒呂塗りの三部刻み(蛇腹に似た形)で鯉口は中白。鐺は共に 朧銀地の一文字。太刀は無櫃(小柄も笄も納められない)で、小刀は両櫃(両方とも納まる)とな っているのが特徴。鍔は必ず丸型で、透かしの入った柳生鍔を用いる。目貫は逆目貫(表目貫を柄 頭、裏目貫を縁に近づける)で、座りを良くするために鮫皮をくぼませる。全体的に同地ではじま った尾張拵と似ているが刀身の長さは短く、剣の大家ならではの実践志向が強いスタイルといえる だろう。

講 武 所 拵
(四番目の拵)

黒舟来航で緊張の高まる中、幕府は1855年(安政3)年に国防体制強化の一貫として講武場(翌年に 講武所と改称)を設置した。これは直参の旗本・御家人を初めとする若い武士たちを対象とした公立 武道専門学校で、かねてより武術及び武学の研究教育機関の設立を検討していた老中安部正弘の尽力 によって創建された物である。講武所奉行として迎えられた旗本男谷精一郎(直心影流)をはじめ、 榊原鍵吉(直心影流)、桃井春蔵(鏡心明智流)ら一流の剣客が剣技の指導を担当したが、入所した 若者、特に直参の子弟達の間では太平の世で身についた放縦な気風が強く、不安な時代への反駁も手 伝ってか豪放磊落な行動が目立つようになった。彼らは派手な装いと長大な刀を好み、これを水平に 差して歩く姿が流行を呼んだために生まれたのが講武所拵である。 戦場刀として実用的な一方で非 常に誇張された造りとなっており、太刀を彷彿とさせる長い刀身に合わせた柄(30〜40cm)には裏を 剥いていない鮫皮を厚いまま漆で張り、白の柄糸25から30の小菱に巻き、大型の金物で飾った柄頭の 正面には金象嵌で家紋をすえるなど、万事が派手だった。太い鞘の鯉口は「信玄形」という幅広の丸 みを帯びた水牛の角製、栗形も同様・同素材で、鐺は金物の深鐺(鯉口より幅が広い)となる。下げ 緒は太く長い物が用いられたが、講武所が優秀者への賞品として白紺打交ぜの下げ緒を出すと類似品 が流行し、派手好みに拍車をかける結果を招いたようである。

突 兵 拵
(五番目の拵)

1866(慶応2)年、新設された陸軍所の所轄となった講武所はフランス軍に準じた様式教練を開始した。 必然的に軍装は洋服(ダンブクロと呼ばれた黒衣)にあらたまり、刀は腰のバンドに装着した皮サッ クに落とし差しにするように指導された。従来はだらしない帯刀の仕方として嫌われたスタイルだが、 小銃を主体とした軍の編成に合わせるには、これが最適だったのである。この軍装の変化にともない、 講武所拵に変わって登場したのが突兵拵だ。トッパイ拵(もしくはズボン拵)と呼ばれたこの拵は柄に 肥後風の縁頭を用いたり、革で平巻(菱を作らない)にした上から漆を塗るなど、より実践色の強い外 装をしている。刀身は60〜70cmにせざるを得なかったため、生徒たちは長い刀を磨りあげて、短く仕立 て、鞘も抜き差し(通常はかんぬき――床面と平行に差すところ――を垂直に差す)が楽なように先端 を丸鐺に替え、栗形の代わりに丸環を装着した。突兵拵という名称は、この丸鐺が兜のトッパイ(角の 部分)に似ていることに由来する。





このページは1時間毎に色が変化するようになっております
The music produced by DR(零式)さん
MIDI ON / OFF


新選組屯所へ戻る


このページは幕末維新新選組の著作物です。全てのページにおいて転載転用を禁じます。
Copyright©All Rights Reserved by Bakumatuisin Sinsengumi